コラム

Zabbixとは

Zabbixとは/インストールまで

Zabbixとは、オープンソースの統合監視ソフトウェアです。
サーバやネットワーク機器、その他アプリケーションなどのハードウェアリソースや各サーバプロセスの稼働などを監視し、日々人が監視しなくても、いざというときに管理者にアラートを出し、即座に責任者に通知できるような仕組みを構築できます。


インストール

Dockerにて環境整備

既に取得したCentOS7.2のコンテナを作成し、アタッチ

docker run --privileged -itd -v /etc/localtime:/etc/localtime:ro --name zabbix centos:centos7 /sbin/init
docker exec -it zabbix /bin/bash

zabbixのページからインストーラを取得

rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.0-1.el7.noarch.rpm

Yumでインストール

yum -y install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese
yum -y install zabbix-agent
yum -y install zabbix-get

Zabbix用のMySQLDBを用意をします。まずはmysqlにログインをしてください

mysql -uroot -p zabbix

次にsqlコマンドでDBをUTF-8で作成

mysql>create database zabbix character set utf8 collate utf8_bin;

Zabbixサーバの設定

Confファイルの修正

vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf

MySQLにZabbixがログインする際のMySQLのパスワード

# DBPassword=
↓
DBPassword=<パスワード>

Apacheの設定とConfファイルの修正

vi /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf

タイムゾーンを変更し、日本時間に合わせる

# php_value date.timezone Europe/Riga
↓
php_value date.timezone Asia/Tokyo

Zabbixの起動

systemctl start zabbix-server
systemctl enable zabbix-server

Apacheの再起動を行います。

systemctl restart httpd

Zabbixエージェントの起動

systemctl start zabbix-agent
systemctl enable zabbix-agent

いったんDockerのホスト側に移動

exit

ホスト側にあらかじめインストールしておいたApacheのhttpd.confの修正を行う。

<VirtualHost *:80>
ServerName aaa.bbb.ccc.com
ProxyPass / http://172.17.0.20/ timeout=600
ProxyPassReverse / http://172.17.0.20/ timeout=600
</VirtualHost>

ホスト側のApacheを再起動

systemctl restart httpd


確認方法

http://aaa.bbb.ccc.com/zabbix/にアクセスして、無事設定画面が表示されれば成功です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。